30代過ぎてからのお肌との向き合い方に悩む今日この頃

30代過ぎてからのお肌の変化に驚きを隠せません。こんなにも差ができるのかと辛く悲しくなります。

お化粧をして保てるのは、3時間が限度です。仕事できっちりメイクを決めていってもお昼には一度お色直しをしないと保てません。

その原因は、オフィスの乾燥だと断言できます。

なぜなら、通常休日など外出して外にいる機会があるのですが、その時は潤っていてメイク崩れも少なくて済みます。

とは言いつつも乾燥だけではなく、加齢のせいで二十顎や瞼が重たく感じられ、頬のたるみも際立って目立つようになりました。

一度だけエステでリンパマッサージをしてもらった時の違いにびっくりしたのを思い出し、そろそろやってもらおうかと思ってます。

その時のエステ体験としては、目がクリアになり、開き方が全然感覚として違ったことと軽い感覚と視界が良好になりました。

視力が悪いのですが、視力が良くなった気がしたくらいの感覚で今まで味わったことない感覚でした。

また、頬のたるみも無くなり、メイクのノリも全く違くて、つるんとファンデがノリ、楽しかったです。

いくらお風呂上りに一生懸命マッサージしても全然、輪郭がアップせず、ほうれい線も無くなりません。

プロにやってもらって、30代生き生きと生活していきたいです。

一望百景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です